2013年4月30日火曜日

[Android][Google]意外と知名度の低い? Google Current

さて、内容的には今更という感じもありますがGoogle Currentについて。Google Currentが発表された直後にはいろんなところで話題になって、紹介してるBlogもまぁ多いんですがその後日本向けにあんまり力入れてないし(当時の)UIはあまり使い勝手の良いものでもなかったしFlipboardに完全に持っていかれちゃった感じのある本アプリ。
ただ、いつだったか、もう随分と前にはなりますがUIが大幅に刷新され、「マガジン風ニュースリーダー」としては使いやすく生まれ変わったと思います。
Android4.1に追加されたスクリーンセーバーの1種としてGoogle Currentのニュースを表示するものがありまして、そのときにCurrentも少し話題になりました。
残念ながらCurrentそのものを紹介してる記事はほとんど見かけませんが・・・。

現在においても、「おすすめ」とか「注目」のフィードとして用意されているのは米国向けだけで国内のニュースサイトなどは手動で追加しなきゃいけませんが、UIは今のGoogleのトレンドらしくカード式で、最初から登録されている「速報」や「経済」「エンターテイメント」といったカテゴリには日本のニュースが流れこむようになっているので、Googleニュースを見やすくしたようなものだと思えばわかりやすいかと思います。

で、あと数ヶ月でサービスが終了してしまうGoogle Readerの代わりにコレをRSSリーダーとして使おうとしているんですが、そもそもリニューアル後の紹介記事が少なかったので微力ながら紹介して見る次第。
ただ、最初に断っておくと、これは「ニュースリーダー」であり「マガジン風」であり、RSSリーダーではない、ということです。私はそれほどRSSフィードをそもそも購読していないのでCurrentをGoogle Readerの置き換えに出来ますが、多くのフィードを購読している人にはお勧めしません。
後述しますがあくまで管理は「サイトごと」なので、既読管理も「サイトごと」です。未読のものをソートとかできたら便利なんですが今のところそういった機能もなく。

ただ、その日のニュースをざっとまとめて読めるし見やすくまとまってるのでモバイルでGoogleニュースを購読したいというような用途には向いています。
ただ、これまた悲しいですがGoogleニュースとの連携もしてません...。 個人的にはそこが一番欲しい機能なんですけどね。

さて、気を取り直して(?)Google Currentのご紹介。
初回起動の時はどうだったか忘れてしまいました・・・。確か、デフォルトで用意されているニュース系のサイト以外に、おすすめのフィードがあるから追加しねーかい?って画面が出てきたと思います。
送信者 Google Current
こちらご覧の通り、日本のサイトがありません・・・。 ので、国内ニュースを見たい場合は華麗にスルーです。
一番下の方にスライドすれば「Googleリーダー」というカテゴリがありますので、移行したい場合はそちらからフィードを追加します。
Googleリーダーに登録していないRSSフィードについては、ActionBarにある検索ボタンからそのサイト名を入れて検索します。
「エディション」のところには「見つかりませんでした」としか出てこないと思いますが、その下の「フィード」のところに検索結果が出てきていると思います。
出てこない場合はGoogleリーダーに登録してから取り込んだほうが早いかもしれません。。。

送信者 Google Current
ActionBarのナビゲーションボタン(丸いCurrentのアイコン)をタップするか、フィードを見ている画面にて一番左までスワイプしておくとメニューが出てきます。ここから好きなカテゴリを開いてフィードを眺めることができます。ニュースやら科学やらのカテゴリには「速報」が最初から入っていると思います。
入っていなければ、一番上の「定期購読を追加する」のところに「速報」というカテゴリがあるのでそこから追加しておきましょう。この「速報」については、日本のニュースサイトからフィードを取得してくれます。

送信者 Google Current
左右にスワイプしていくと、RSSフィード配信元を切り替えることができます。上下にスクロールすることでそのフィード配信元の各記事のカードを見ることができ、タップすればCurrentの内蔵ブラウザで記事を読むことができます。
Androidには「共有」という機能があるので、読んでいる記事をブラウザに飛ばすことも出来ればSNSに発信することも容易です。ニュースをピックアップして呟きたい人にはお勧めです。
カテゴリごとの切り替えは上の画像のようにカテゴリ名が出ます(※エディションのみ)。

送信者 Google Current
テキスト中心の記事はこんな感じ。Google+やってるとお馴染みのカード式のUIです。

送信者 Google Current
画像系の記事はこんな感じ。カード上の解像度はかなり低めです。このあたりはFlipboardは綺麗な画像を用意してくれるのでちょっと残念ですね。
もちろん、記事を内蔵ブラウザで見たら綺麗な画像が見れます。
また、グレーになっているのが既読の記事です。設定にて既読は非表示にもできます。

また、気に入った記事はオフラインでも読めるように保存しておくこともできます。スターボタンなのでわかりやすいですね。
送信者 Google Current
また、「全てのフィード」を開くと、登録しているRSSフィードをサムネイルアイコンで一覧することができます。
見たいフィードが決まっているときはこちらから探すほうが早い場合もあるかもです。

以上、リニューアル後のGoogleカレントの紹介でした。
SSはスマホでしたが、タブレットも基本的には同じデザインです。大きくて見やすいのでタブレットのほうが見栄えはしますね。

また、比較対象になってしまうのでしょうFlipboardとの違いとして大きいものが、記事の読み込みタイミングです。
Flipboardは一度全記事を読み込んでから閲覧となり、読み込みが完了してしまえば非常に軽快に記事を切り替えて読むことができます。
対してGoogle Currentは各フィードごとに読み込みを行うのでフィードの切り替えは早いですがブラウザで開いてから少し待つことになります。

一長一短だと思うのですが、あまり速度の出ない場所で見ているときはCurrentの方が一度に要求する通信量が小さいこともあって軽快な印象があります。
ただし、Google Currentのフィードの更新タイミングはGoogleReaderと違ってリアルタイムではないらしく、更新が遅れてやってくることはよくあります。Googleアカウントの同期機能を使ってフィード更新をしているからなのかな・・・? 詳しくはわかりませんが、フィードの鮮度にこだわる方は使わないほうが無難です。

あんまりお薦めするような記事にはなってませんが私は気に入って使っています。かるーく使うには見やすいと思うんですけどね。

ただ、あんまりGoogleさんコレに力入れてる感じはしないのでCurrentも整理対象に入っていくような気はします・・・w