2010年10月10日日曜日

[ニュース]名古屋での市議会リコール

名古屋市で市議会解散へのリコール請求が出たわけですが、これなかなか問題を抱えている気はしますね。
河村市長は「ハードルが高すぎる。もっとリコール請求を出しやすくするように制度を変えるべきだ」と仰ってますが、高いハードルをクリアするからこそリコールを突き付けられた側に大きなダメージを与えるのであって、ハードルが下がってしまうと乱発の恐れがあると思うんですよ。
議会の運営が気に食わないからリコール、とかやっちゃったら、細々とした政策が議論できずに通せないとかいうこともあり得そう。
なんでもかんでも直接投票で決めてちゃ手間もかかるってことで、代表となる議員を選んで、その人たちに条例を決めてもらいましょうってシステムなのに、住民に直接決めてもらいましょう!ってなるとちょっと本末転倒な気も。
まぁ議員を選ぶときにしっかりと決めましょうってことなんだけど、それが難しいのも事実だけれどね。
いろいろと問題提起はしてくれていると思うので、今後の動きは気になるかな。河村市長の人気があったとはいえ、実際1/4以上の署名は集めたわけですから、無視はできませんよね。
議会は自主解散することで先手を打ちたいらしいですが、はてさてそれで市民からの理解を得られるものかしらな・・・?