2012年1月7日土曜日

'11年12月の読書日記

ちょっと遅くなりましたがあけましておめでとうございます!
新年一発目の投稿はこちら。
まぁすぐに去年1年間のまとめも投げて・・・ってあっちはもういいかw

いやしかし、この3冊はほんっと面白かった!
3巻から4巻のこの6冊の流れはもうステキすぎるね。
成実ステキ! 義光ステキ! ハイディかわいい! いやもうほんと、また新たに奥州の登場人物増えて覚えきれないわーほんとどっかで読み返さないと。
アニメは2期で2巻上下かな? いやでも2巻もボリュームあるからなぁ・・・。

ということで12月はホライゾン三昧でした。ようやく新刊追いついたのでしばらくはホライゾンは読書としては休憩。
次出たらそっこー買うぞー!

12月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:2403ページ
ナイス数:20ナイス

境界線上のホライゾン4〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン4〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
成実キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 奥州のお話完了。いい話やった。。。 3巻から4巻への流れはすごく好き。敗戦から再起への流れは実に見ていて気持いいね。 上中下構成なので、中がちょっと間延びするかなーとも思わなくはないけれど、下巻でこれだけ盛り込むならやっぱりこれしかないか、とも。 しかし、鈴の艦長代理やら外交官としての能力はすっげーなぁ。梅組の連中は皆飛び抜けてるやん。 あとは妙なのに好かれてしまった直政が気になる。。。 直政、もうちょっと持ち上げて欲しいさね。。。
読了日:12月30日 著者:川上 稔
境界線上のホライゾン4〈中〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン4〈中〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
成実の余裕ありそうで余裕のないおねーさん気質がたまらない・・・! 正直大久保くんの甘クーデターはテンポを悪くしちゃうよなぁ、とか思ったけど、ここいらでそういう方針も提示しておかないと惰性で進んでしまうかもしれないとか思うと、あるべき姿とタイミングだったのかもしれない。似非関西弁は受け入れがたいが(笑) しっかし、なんだかんだで鈴のスペックめちゃくちゃたかいよなー。 あとは最上義光が個人的にツボ。下巻で武蔵にも軽く敵対してきそうですが。狐ですしね。 つまるところ早く下巻読みたい!
読了日:12月14日 著者:川上 稔
境界線上のホライゾン4〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン4〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
前巻の、くすぶっていた反撃への狼煙を明確に上げるための準備ってところかな? しかし、前半は「これ物語の中心ってP.A.ODAだよな?」って思うほどのページの割き方してるよなとか思ってたけどこのページ数だから全体から見るとそうでもないってのが恐ろしい。。。 しっかし、品川さんかなりつえーけど、鹿角さんはそれよりも強かったんだろうから鹿角さん一体どうなってたんだか・・・。 にしても、またまたまたまたいいところで切ったなぁ・・・! これは早く続きを読みたい。けど<中>なのよね。これもまたいいところで切ってく
読了日:12月01日 著者:川上 稔

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター