2012年3月3日土曜日

'12年2月の読書記録

さてさて、2月もなんだかんだであっちゅー間に過ぎた感じですねぇ。
そんな2月の読書記録はこちら。

うん、なんだかんだでいろんなタイトル読んだ感じやね。
六畳間はこんなに面白くなってくるとは思っても見なかったなぁ・・・。
さすが健速さん。ノッてきたら実に面白いね!

ポリ白はとうとう最終巻。ほんと、大迫さんがお亡くなりになってしまったのが悔やまれる。。。
あとはポリ赤か。青もちょいと気になるっちゃ気になるけど、とりあえずは様子見かな。
赤もだんだんと核心に迫ってきたし、終幕が近づいているね。

最終巻といえばオオカミさんもようやく読みました。いい最終巻だったけど、ダダ甘のおまけシナリオはまだですかァ!

きみとあさまでは安定した面白さ。賢姉ステキすぎる。
アデーレマグロ説。

氷結境界はどうやら著者の前作を読んだほうが面白いらしい。
一旦ここいらで続きは止めて、前作を追いかけるとしようかな。

なんだかんだで集めてたシリーズが完結してしまったからまた買い漁らないと。まだ本棚に余裕はあるからいいけれど、さて次は黄昏色シリーズと何を買いますかな?

2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2266ページ
ナイス数:10ナイス

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまでI<下>GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン きみとあさまでI<下>
アデーレマグロ説。 きみとあさまででは徹底的にトーリが出てこないんだなーとちょっとびっくりしたり。 正純は武蔵でトーリに剥かれるまであんなに外道たちから距離置いてたのかー。結構意外だった。 にしても賢姉は相変わらずいい女ですな。 1年前から梅組のメンバーは動き始めていたんだね。 これは続きの特典もすごく楽しみだ・・・!
読了日:02月28日 著者:川上 稔
氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン4 天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)
ユミィ可愛いよユミィ 今巻はあんまりシェルティス活躍しなかったねってかこれまでが活躍しすぎか? だんだんと気になるキャラやキーワードやらが飛び出してきてるねぇ。ユトはシェルティスやユミィにとって敵となるのか味方なのか。イリスも気になることぽろっと漏らしてましたしねぇ。 さて、部隊の方はこれで4人になるのかな? ヴァイエルいいキャラしてますな。 さて、動き始めた背景も気になるし、次巻も大波乱の予感だねぇ。
読了日:02月23日 著者:細音 啓
ハイスクールD×D 10  学園祭のライオンハート (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D 10 学園祭のライオンハート (富士見ファンタジア文庫)
今巻で一番活躍したキャラはギャー助だよねー。 そして何の見せ場もなかった部長・・・。 なんかどんどんメインヒロインの座が危うくなっている気はするがはてさて。 にしても、今回はガチ展開多め。このシリーズ、バトルが多ければ面白いのになーって元も子もない感想を書いたことがあったけど、いやほんと面白かった!(失敬 なんか色々と周囲が慌ただしくなっている感じですが、赤龍帝の覇道は生まれ変わりそうな雰囲気だしますます面白そう。 次の巻も楽しみにしておこうっと
読了日:02月21日 著者:石踏 一榮
神曲奏界ポリフォニカ ネバーエンディング・ホワイト (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ ネバーエンディング・ホワイト (GA文庫)
終わっちゃったかぁ。 シリーズ最初のほうからしたらえらく重いお話になったよなぁ。 しかし、顛末をしっかりと描いていない部分もあるからそこは評価がわかれるかも。野暮なことを言いなさんな、ってことかもしれないけれど、もやっとするのも確かかなぁ。 名前の明かされた始祖精霊のうち、青はまったく見覚えがなく、金は見覚えはあるけれど姿が思い出せず。 あの場面では一番喋るのはコーティではなくエステルだろうとか思ったけどあのエステルは転生後なのかしら? さて、ここから赤の最新刊を読むとなかなか面白い。 やっぱ赤と白は読
読了日:02月16日 著者:高殿 円
六畳間の侵略者!?8 (HJ文庫)六畳間の侵略者!?8 (HJ文庫)
まさかここに来てヒロイン一人追加されるとは・・・。 ゆりかピンチ! しっかし、ティアミリス、ここに来て脱落か? そんな台詞、言ってほしくなかったなぁ。しかしそこは事実であるがゆえにどう持って行くのやら。 にしても、この作品は結構世界観をしっかりと練ってあるから、なおのことダークネスレインボゥの組織が気になる。 魔法を使ってやりたいことをやるって主旨に賛同した者たちが集まるってことらしいけれど、後輩育成的なのをしてるんだよなぁ。それって何の目的で? まぁそこら辺もそのうち明らかになるのかな?
読了日:02月13日 著者:健速
オオカミさんと亮士くんとたくさんの仲間たち (電撃文庫)オオカミさんと亮士くんとたくさんの仲間たち (電撃文庫)
ようやく読了。 いやー、オオカミさんデレたねぇ。 最後はちょっとあっけなかったかな?とも思ったけど、まぁこのシリーズでそんなにシリアスやる必要もないだろうし、あれくらいでちょうどいいのかな? 個人的にはもっとデレるアリスさんを見たかった!見たかった、見たかった・・・。 登場人物多いからスピンオフはたくさん書けそうだけど特に出ては居ないのかな? 後日談が出る予定だとか後書きにあったけどもう出てる? まぁ何にせよ、大団円なハッピーエンド! 面白かった!
読了日:02月08日 著者:沖田 雅
六畳間の侵略者!?8.5 白銀の姫と青き騎士 第二章 (HJ文庫)六畳間の侵略者!?8.5 白銀の姫と青き騎士 第二章 (HJ文庫)
8飛ばして読了。 シャルルの可愛さが半端ないやねー。白銀の姫と黄金の姫は元の世界でもやはりツートップ。歴史は繰り返す?w シリーズ頭の方で色々と張ってた伏線がちらりほらりとまた顔をのぞかせた感じかな? シグナルティンが封印されていた遺跡は1巻で発掘バイトで発掘してた遺跡なのだろう。直接そうではないにしても、関連は有りそう。 そんでもって晴海が身体弱いことにも意味が与えられた感じ? ある意味で六畳間の住人すべてがあのフォルトーゼから広まったのではないかとすら思える。 しかし、これ外伝でいいのかね?w
読了日:02月02日 著者:健速

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター