2013年6月13日木曜日

[日常]OS X Merverics 新機能のタグについて

先日のWWDCにて発表された次期OS Xの新機能で気になっているのが「ファイルへのタグ機能」です。
これまでのフォルダ管理から、ファイルそれぞれにタグをつけてそれをFinderで探すという使い方を提言しています。

こういったタグによる管理の仕方は、セマンティックデスクトップに該当するのだと思っています。
セマンティックデスクトップ - Wikipedia

コレ、私としては広まって欲しい。
というのも、もう何年も前からLinuxのKDEではこの考え方が実装されており、ぜひ使いやすい環境に成長していって欲しいのです。
NEPOMUK - Wikipedia

最近のOSではクローラが自動的にファイルをインデックス化し、検索窓から容易に検索できるようになっていますが、KDEではもう一歩踏み込んで、「タグ」による情報での検索が既に可能です。

ただ、残念ながらあまり流行っていないのか、これを活かしたソフトはほとんど見受けられません。。。
DolphinとGwenviewくらいでしょうか。

ただ、検索についてはKIO経由で行なっているのでKDEのソフト側の対応はそれほど難しくないとか。今でもファイル選択ダイアログとかで
参考 nepomukの使い方 » TAM的残念日記

MacならきっとOSに統合されて使いやすいようにしてくれているのでしょう・・・!
流行ったらKDEも真似してくれると信じていよう。

メディア系のファイル、特に画像なんてフォルダでの管理は無理でしょーよーと思うわけで、タグで管理したいのです。そしてタグで探し出したい。
Webでは画像系サイトに限らずタグで管理するのが当たり前になっていますし、それがようやくデスクトップにもやってきたかという感じ。

画像に関してはWindowsもVistaあたりからタグで管理ができてましたっけか。音楽はもともとタグ付け可能なので問題にはならないんでしょうが、画像はタグという概念があまりないのでそこがネック。
KDEの現状では、画像をダウンロードしてきてそれをDolphinかGwenviewで開いて、そこでタグ付けとかレーティングをしないといけない。
ぶっちゃけめんどくさい。ここを楽にして欲しい。
できればファイルダイアログにタグ付け機能を用意して欲しい。保存時につけさせてくれるとだいぶ楽になるのよなぁ。

さて、さらには検索時は(Windows8.1でそうなるしUbuntuもそうなってたんだっけ?)ローカルとウェブを両方またいで検索するのが当たり前になってくるわけです。まぁAndroidとかとっくにそうなってるので実はデスクトップOSの方がこのあたり遅れていたりするわけですが。

これでセマンティックデスクトップがもうちょっと流行ってくれることを祈りつつ、KDEにもフォーカス当ててほしいなというなぐり書きでしたっと。