2008年12月27日土曜日

[PC][Linux][Fedora]なんという不安定な状況

昨日は平日でしたね。えぇ。なんのことはない、カレンダーは黒字でしたよ?<挨拶
まぁ昨日は友人たちとご飯食べに行ってました。ま、一人は彼氏と会うといって帰りましたがね!
・・・、べ、別に羨ましくなんか、ないんだからねっ!
嘘です羨ましいですOrz
まぁそれはさておき。
一昨日くらいだったかな? Amarokのデータベースが微妙にこわれたらしく。楽曲のタグ情報が微妙にずれて管理されていました。タイトルは「赤い実はじけた!」なのにアルバム名が「Snow Promenade」とかね。
確認はしてないですが、楽曲データに埋め込まれてるタグ情報自体は正しいと思います。ただ、データベースが壊れたため、ずれてデータが格納されたのだろうと。
ただ悲しいかな、データベースが破損した訳ではないらしく、普通に起動はしてしまうんですな。ただ、ずれているというのはやはり気持ち悪い。
だから直そうと思ったんですが、まぁ、楽曲が多いんですな。2000個は最低でもありました。まぁ、アルバムの場合はまとめてタグを編集したら済むわけですから、実際に編集する数はもうちょっと少ないですけれど、それでも膨大な数であることに変わりはなく。
じゃあ、データベースを一度吹っ飛ばして再構築すればいいじゃん、ってのも考えたんですが、そうするとこれまでにセットしたジャケット情報が紐づけできなくなるんですよね。
カスタム設定で設定している分は困らないんですが、Amazonから自動取得させた分は$HOME/.kde/share/apps/amarok/以下に、しかもファイル名はなんぞよー分からん命名規則でもって、拡張子すらないファイルで保存されて居るんですな。それを再度設定するのが非常に面倒くさい。現状のAmarok2のジャケット自動取得はAmazonJPに非対応?なので、まともにジャケットが拾えない。
ってことで、およそ3時間かけてちまちまちまちまタグ修正をしていました。
なんで3時間も掛かったのか。これまたAmarok2の不安定さに起因します。私の環境だけかもしれませんが、こやつ、タグ情報を書き込んでいくと、メモリリークでも起こしているのか、どんどん反応が鈍くなっていくんです。
最初はタグの更新がサクッと終わっていたのに、だんだん、書き込みが終了するのにラグが生じるんですね。
そのバグに気づかなかった最初のうちは、10分とか放置しないと応答なしから復帰してくれませんでした。
対処法としては唯一つ。Amarokの再起動。ざっと10回ほどタグを書き換えたら再起動してやらないといけないという、実に不毛な処理を行っておりました。
そんなこんなで、今日の朝2時すぎに全部のタグ編集が終了。とはいえ、まだ実際にはタグがずれてる箇所もあります。ぼかろ曲はできる限りP名をComposerタグに打ち込んでたんですが、それもずれているやつが多かったんですね。その場ですぐ分かるP名は修正しましたが、ちょっと思い出せないってなP名はずれたままです。これもそのうち直したいな・・・。
一応、今のところ後から追加した楽曲についてもタグずれは発生してませんが、なぜかジャケット画像でカスタム設定をしようとするとAmarokが落ちます。今のところ100%の再現率で。前にちゃんとセットしたはずの「初めての恋が終わる時」と「Light Snow」のジャケット画像が外れているので、修正したいんですけどね・・・。
さすがに現状があまりに不安定なので、他のプレイヤーに乗り換えたいな、と思わなくもないんですが、意外と「アルバム単位でシャッフル」って機能がついているプレイヤーが他になく、仕方がないのでAmarok2を使っている状態です。バグさえでなければAmarok2に不満はあんまりないんですけれどね・・・。1.4にどうにか戻せないのかしら。
う〜ん、Amarok2意外のプレイヤーについても色々と調べておくか!?