2012年5月2日水曜日

[ラノベ]'12年4月の読書記録

うーん、思ったより読んだ量少ない・・・?
黄昏色は今佳境。このGW中に読み終わりたいところだねぇ。

4月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1331ページ
ナイス数:7ナイス

黄昏色の詠使いVIII  百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)
クルーエルの生い立ちがそうだったとはきっついやねぇ。 ネイト君は踏ん張りどころやね。 ネシリスとシャンテの邂逅もいい感じやね。 「必要在るのか?」 とはまたにくい。 各々で戦闘が一段落しそうでまた進みそうで。 しかし、テシエラだけがまだ背景見えてこないなぁ。彼女の立ち位置は何なんだろう。 世界観としてはかなり見えてきた感じ。さて物語はいよいよ佳境だねぇ。
読了日:04月24日 著者:細音 啓
黄昏色の詠使いVII  新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ (富士見ファンタジア文庫)黄昏色の詠使いVII 新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ (富士見ファンタジア文庫)
シャオ側の陣営も揃って、いよいよ佳境かな。 アーマは本当は全容を知っていて、でもネイトに伝えては居ないんやな。 様々な別れの時を予感させる書き方がされているけれど、さてはてこの続きはどうなることやら。最後大ピンチで終わったからなぁ。 にしても、なんだかんだですべての騒動にミオは噛んでるやね。彼女は意外とキーパーソン?
読了日:04月18日 著者:細音 啓
黄昏色の詠使いVI  そしてシャオの福音来たり (富士見ファンタジア文庫)黄昏色の詠使いVI そしてシャオの福音来たり (富士見ファンタジア文庫)
赤奏と虹奏にて二人が贈ったものがともに名詠でよび出した花っていうのがいい演出だったなぁと思ったり。 ミラーとエンネ、ゼッセルの3人はほんと仲いいやね。 しっかし、こんだけ印象的な卒業式やっておきながらイブマリーが忘れられていたことを考えると、ほんとに"大人は大事なことを忘れてる"ってキーワードは大きな意味を持つってことみたいですな。カインツだけは忘れず、そして彼が名詠の核に最も近づいていると。 もっとネイトとクルーエルのイチャイチャを見ていたいけれど、物語が動き出しそうだねぇ。
読了日:04月12日 著者:細音 啓
全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)
ネイト君頑張ったねぇ・・・! ミオも頑張ったし、今回はみんな頑張った巻だったね。 いい最終回だったって言いたくなるくらいw 一区切りついた感じはするけど、このあとはどうなるんだろうね? 穏やかに日常が進んでくれたらいいけれどはてさて・・・?
読了日:04月05日 著者:細音 啓

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター