2007年12月4日火曜日

Linuxでビデオチャット

とタイトルで銘打っておきながら動画は初音ミク(ぉ こないだ投稿したやつではボケボケで見えませんでしたし、音もなかったですので、今回はその反省を活かし、範囲を狭めて音も取り込みました。
が、試行錯誤しつつやったため、出来はいまいちです。というか途中で物理+仮想メモリ全部使い果たして操作不能に陥ったことが4、5回あり、作業にならなかったりしたんです;;
ま、なんとか完成はしたので貼っておきます。FC2動画ってどうなんやろ。今度覗いておこう。
それはさておき、本題。Linuxでも音声チャットはSkypeでできてましたし、それ以外にも様々チャットクライアントはあります。が、ビデオチャットが可能なクライアントはあまりないです。Kopeteは対応してたっけな。やったことないけど^^;
で、先日SkypeのLinux版がビデオチャットに対応したということで早速チェキ。
yumでDLしてみるも、はて更新なし。
「どないやねん!」
と思ってググってみますと、どうやらβ版らしい。なるほど開発版のDLページに行かなきゃないのね。
というわけで早速開発版をインストール。見た目にこれといった変化はなく、メニューにビデオデバイスが追加されていたくらいでした。Windows版に比べればかなりシンプルです。まぁ仕方ないか。
で、Velnirに頼んで動作チェック。特に何の問題もなくビデオチャットできてました。こっちのデバイスも向こうにちゃんと届いてます。私はWebカメラを持っていないため、キャプチャボードでキャプチャした映像を飛ばして確認しました。
実はそれ以外に、Screencast4Linux: LinuxのX Window上で手軽にスクリーンキャストというプログラムが開発されているようです。WindowsにはManyCamがありますが、Linuxにはその手のものが見当たらなかったのでこれは注目です。
面白そうなものには目がない私ですのでもちろんDLして試したんですが、私の環境ではうまくいきませんでした。なぜだろう。64bitだからかなぁ・・・。それはあまり関係ない気はしたんだけど・・・。キャプチャボードと競合したっぽかったからキャプチャボードのドライバをアンロードしたけど結局ダメだった。
けど上記サイトのスクリーンショットを見る限りちゃんと動作してそう。すっげぇなぁ。面白そうだからぜひとも開発を進めて欲しいものです。何も協力できないのが残念。Xにv4lはハードルが高すぎる・・・。
と、いうわけで、Linuxも色々と出来るようになってきました。ほんと、後はゲームくらいだなぁ。なんかキラータイトル出てこないかしら。AirかSilverMoonに期待か!?