2009年11月9日月曜日

[News]いやちょっと笑えなくなってきたね…

昨日今日と、はっきり言えば暇だったので、某動画サイトにて代表質問の一部と予算委員会の一部を見てました。
ネットで情報を集めるとどうしても右に寄ってしまうわけですが、代表質問や予算委員会をそのまま見続けていたら、とりあえずは自分の意志で見れるだろうと思った訳です。
にしても、酷かった…。産経新聞なんかでは「質問に答える立場になれていない」とフォロー(?)が入ってましたが、質問に対してまともな回答がなされていないな、という印象でした。
自民党が与党だった時も、質問をはぐらかすといったことはあったんですが、そうではなく、そもそも質問に対する回答がずれているというか噛み合っておらず、もっと言ってしまえば何を言っているのか理解できませんでした。
予算委員会での質問は、とりあえず石破氏と菅氏のを見てたんですが、両者の質問が分かりやすいのに対して回答の意味不明なこと。弟に「兄はカメレオンだ」と揶揄されるのも頷けてしまう…。
菅氏が総理以外に閣僚も含めて
「郵政の社長や役員の人事配置が天下りどころか渡りであるように思える。これに対してどうお考えか?」
ってな質問を投げてましたが、長妻大臣、前原大臣、福嶋大臣、亀井大臣揃って
「問題ない」
との回答。ましてや「民主党が行う人事は綺麗な人事。官僚がやる人事が天下り」なんて趣旨の発言まで飛び出す始末。唖然としましたね…。
で、聞くところによるとテレビではこういった答弁は報道されていないとか。
まぁ、報道しようにもまとめられない答弁でしたけどね。支離滅裂過ぎて。
ほんと、ネットだと右によりすぎるってきらいはあるけど、情報その物が隠蔽されるってのもかなり恐ろしい。正直、代表質問とか予算委員会をずーっと眺めてる時間はないから、テレビとかである程度まとめられたものを見るしかないですもんね。けどテレビでやってくれなかったらそれこそ見聞きする機会が失われてしまう。
ちなみに、私が見ていた動画は30分程度ある、しかも何の編集もしていない質疑応答の動画でしたが、再生数は1万を超え、コメントも6000を越えてました。注目度は高かったみたいですね。
今後一体どうなるのかってのが、ほんと笑えない状況になってきた。見事自民党政治はひっくり返ったわけですけど、これからが本当にカオスになりそうですね…。