2009年11月1日日曜日

[日常]オートマチック? マニュアル?

明日から急激に寒くなるようですね。体調管理に気をつけなくては。
さてさて、タイトルからは車を想定するかと思いますが今日のぐだぐだ話は車だけに限っておりません。
趣味ってーのは何かと面倒くさいことを楽しむもんだよねーって話。
オートマチックとマニュアルってーとやっぱり車がすぐ思い浮かぶんですが、今でもマニュアル車は一定に人気を持っているように思います。オートマチック車から比べたら格段に面倒くさいと思うんですが、それでもマニュアル車を運転するのを楽しんでいる人は大勢居るわけで。
やっぱり趣味となると、他人任せ、機械任せではなく、自分で扱いたくなるもんなんでしょうね。私もUbuntuではなくFedoraを使ってますが、似たような理由です。Ubuntuは初心者でも使いやすいよう、非常に気の配られたディストリです。場合によってはWindowsより簡単でしょう。
が、ぶっちゃけそれじゃおもしろくないんですよねぇ。じゃじゃ馬な方が付き合う側としては面白い。言うことを聞かないように見えて、押さえるところを押さえたら不機嫌だったのが嘘のように伸びやかになるあたり、実に楽しいですね。
今、PCであれケータイであれカーナビであれ、多くの製品が「簡単」であることをウリにしています。また、そいういった言葉の踊らない製品はあまり売れないという現実もあります。
ひょっとして、こだわる人が減ってしまったのかな?なんて思ったり。 あるいはこだわる余裕がないってことなのかも知れないなぁ。