2009年2月21日土曜日

[PC][Linux][KDE]Amarokのバグの原因はこれだと思ったのになぁ

Bug 176154 – amarok 2 ignores all id3 tags except title and track for half of my collection
このバグ報告についてるレスの下の方で、解決策として
「データベースフォルダにdb.optってファイルがあってさ、その中にデータベースの文字コードが指定してあるんだけど、それがデフォルのlatin1_swedish_ciになってるんだ! そこをutf8_general_ciに変更して、db.opt以外のファイルを消去したらデータベースが再構築されて、バグが解消されるよ!」
と書いてあったわけです。
で、確認してみると確かに件のファイルにはそう書いてある。しかしなんでスウェーデンなんだ…?とか思ったら、MySQLはスウェーデンの会社でしたね。我の強い設定だのぅ^^;
早速この指示通りにやってみたんですが…、どうも私の環境ではうまくいかなかった模様。やっぱりDBが壊れました。
きっと文字コードの問題だろうと思っていたので、「コレだ!」って喜んだのになぁOrz
更に最近(というかKDE4.2になってから?)、Amarokで一時停止して、10分ほど放っておくと再生ボタン押しても再生してくれないバグが出るようになりました。以前は出てなかったし、Amarokはバージョンアップしてないので、Phonon絡みの不具合だとは思うのですが…。一時停止は割とよく使っているので結構困ります。早く直ってくれないかしらなぁ。
文句ばかり言ってますが、次のバージョンには期待してます。Amarok開発者blogによると、近いうち、ReplayGainに対応する予定とのこと。対応する予定ちゃんとあったんだね!
今はまだまだバグだらけで扱い辛いですが、Amarok1.4はかなり使いやすかったですしね。きっと近いうちにあそこまで持ってきてくれると信じて待つとします^^