2008年2月15日金曜日

[Linux]gnuploがちょっと格好良くなってた

今日、修論の修正を黙々と行っておったのですが、最後の最後で結果を追加しろというお達しが書いてありまして。
「○○の条件に置けるシミュレーションの結果を出したはず。それも入れておくように。」
って書いてあったんですが、そんな結果を出した覚えがない。というか、出してたら熊本の論文に入れてるはず・・・とか思ってデータを確認したら、確かにありました。えぇ、あるとは思ってなかったのですが(ぁ 熊本の学会が終了してから試したシミュレーションだったようで、データだけ取って、プロットは一切してなかったんですね。
で、そのデータを教授に渡していたため、教授は「結果が足りてない!」と指摘した訳でありまして。
結果としては、教授が正しかった訳です。研究してる本人が忘れてたのに(ぉ
で、データはあるのであとはgnuplotとMatlabでプロットするだけ〜ってなわけで久々にgnuplotでプロットしてビックリ! 今までXの枠だけがついたのっぺりした見た目が、GTK2(かな?)ベースの見た目に変わってるじゃないですか!
とりあえず、SSをこちらに貼っておきます。サンプルとしてsin(x)とcos(x)、tan(x)をプロットしてます。
Gnuplot.png
Linux版のGnuplotを利用したことがある方なら、見た目がずいぶんと小綺麗になったな〜と感じるんじゃないかと。必要があるか否か微妙ですが、いくつかボタンもつきました。
何より、グラフ中に表示されるフォントが綺麗になりましたね。アンチエイリアスが効いているのでみやすいです。以前はxft経由での表示だったのかな?それが改善されたということで個人的には喜ばしいですね。アンチエイリアスは好き嫌いが分かれるところではありますが。
相変わらず、実行はCLIですが、そのうちGUIのフロントエンドも出てきたりするのかな?ラベルの設定とか、あるいはファイルへの出力とかいろいろとオプションが豊富だから、GUIのフロントエンドが欲しいな〜とよく思っていましたからね。GUIがひっついてくると使い勝手が大幅向上するのにな〜なんて思います。
ま、けどもう大学卒業するんだよねぇ。今後どれだけお世話になるかしら^^;