2010年8月2日月曜日

[読書]10年7月の読書記録

あれ・・・? 6月大加速したなーとか思ってたけど7月も大概だったwww
しかし本棚がオーバーフロー確定したからなぁ。
この盆休みの間に部屋の整理をしましょうそうしましょう・・・Orz
ということで今月読んだ本はコチラ!
7月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:3546ページ

氷結鏡界のエデン2  禁断水晶 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン2 禁断水晶 (富士見ファンタジア文庫)
強いだけでごり押さないあたり好印象。伏線貼りまくってるけどちゃんと回収されるかな? 王道突っ走ってくれるから読みやすい。展開もなんとなく想像つくけれど裏切ってくれると嬉しいかな。しかし強さとか格好もそうだけど、まずイリスの存在が浮いた雰囲気を醸し出してる気がするんだけど違うのかな?w
読了日:07月28日 著者:細音 啓
戦う司書と世界の力 BOOK10 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と世界の力 BOOK10 (集英社スーパーダッシュ文庫)
本文にもあったけど、ほんと戦局のくるりくるりと変わるさまが読んでて面白かった。ところどころ気になる点はあるんだけど、締め方としてはこれでよかったんじゃないのかな。1巻を読んだときにはこんなに面白くなるとは予想もしてなかったけどいやはや面白い作品でした!
読了日:07月26日 著者:山形 石雄
戦う司書と絶望の魔王 BOOK9 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と絶望の魔王 BOOK9 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ルルタはどこまでも人間だったんだな。そして2千年超もの間、苦しみ抜いたはてがここに。ちょっと不気味なのはまだ姿を表さない石剣ヨル。最後の最後まで目が離せそうにないな。
読了日:07月21日 著者:山形 石雄
戦う司書と終章の獣 BOOK8 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と終章の獣 BOOK8 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ハミュッツの過去に迫りながら現在の方は急転直下でえらいことに。もう絶体絶命というかどうにもならない状況になったのにこの続きって一体何がどうなるの!?
読了日:07月18日 著者:山形 石雄
戦う司書と虚言者の宴 BOOK7 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と虚言者の宴 BOOK7 (集英社スーパーダッシュ文庫)
ほんとオリビアはハミュッツの天敵やったなぁ。オリビア完全勝利。マットは影の苦労人。今回は妙に静か。次の巻で荒れそうな雰囲気。嵐の前の静けさですね。
読了日:07月14日 著者:山形 石雄
氷結鏡界のエデン  楽園幻想 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン 楽園幻想 (富士見ファンタジア文庫)
王道をがっつり進んでるので奇をてらった作品が好きなら合わないのかも。1巻だからしかたないとはいえ、説明口調になってしまってるのはやや残念。2巻以降に期待かな?
読了日:07月09日 著者:細音 啓
オオカミさんとおかしな家の住人たち (電撃文庫)オオカミさんとおかしな家の住人たち (電撃文庫)
挿絵のくるくる回るオオカミさんはステキだなぁ。最後の話はちょっと可哀想かなーと思ったりもするけど、前身できたんだからいいのかしら? 結果オーライ? アリスさんより出番の多い若人さん。ナニゲにポイント稼いでますなぁw
読了日:07月07日 著者:沖田 雅
六畳間の侵略者!?4 (HJ文庫)六畳間の侵略者!?4 (HJ文庫)
相変わらず表紙と話のメインキャラが全く違うw 今回はティアがめいんのおはなし。早苗は完全に懐きましたなぁ。あと地味にキリハの過去とも繋がりが・・・? コウの不思議な力もちらほらと。晴海先輩との仲はどうなる!? 次巻楽しみだなぁ。
読了日:07月05日 著者:健速
境界線上のホライゾン2〈下〉—GENESISシリーズ (電撃文庫)境界線上のホライゾン2〈下〉—GENESISシリーズ (電撃文庫)
ようやく読了。役職付きがすげー力を発揮していくのはさすがとして、役職なしの賢姉様とかベルさんとか要所要所を締めていくよなぁ。登場人物が多いのに全員のキャラが立っているのがすごい。ほんと、カオスになっていってるなぁ。
読了日:07月01日 著者:川上 稔

読書メーター