2009年5月14日木曜日

[日常]よーく考えよー お金は大事だよー

○Microsoft、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する広告 - ITmedia News っ[ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/12/news033.html ]
○実際の価格は16万円!? 「100円パソコン」の購入は使い方を考えてから! - 日経トレンディネット っ[ http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090508/1026010/?ST=yahoo_headlines ]
今日は「実質いくら払うのか?」ってところにフォーカスを当ててみたいと思います(ぇ
M$の広告はひっどいなー。iTunesで買った曲は基本的に消えることはないけれど、Zuneで買った曲は基本的に消える。だったらそのまんまの価格で比較なんかできねーじゃんと。Zuneで買った曲が消えた後、また聴くためには買い直さなきゃいけないわけだから、期限ごとに買い直す仮定で勘定しないと。Zuneが圧倒的に高くなると思いますがね。
あとはラインナップが問題となってくるでしょうね。いくら定額で無制限ダウンロードできたとしても、欲しい曲がなければ無意味。また、たまにしか買わない人にとって、毎月定額を払い続けるのが得になるとは限らないわけです。
2つめはもっとひどい。いわゆる抱き合わせ商法だと思うんですが、これって違法ではないんでしょうかねぇ? 私はからくりを知りませんでしたが、まぁいくらなんでもNetbookが100円ってのはありえないわーと思ってスルーしてました。ここでいわゆる実売価格を知って、ちょっと衝撃を受けてます。
この内容でこの価格ってことには疑問は感じませんが、はたしてその説明はきちんとなされているんでしょうかね?
ケータイなんかもそうですが、今は割賦販売が珍しくなくなってます。トータルでいくら掛かるのかってことが見えにくくなっていますから、ものを買うときは気を付けないといけませんね。
まぁ、両方とも、ぼったくりっていうことじゃなく、使い方というかスタイルによっては十分にお得なんですよね。ただ、きちんとした説明をしてくれなきゃ困るよなと。
イメージ戦略と言えば聞こえはいいですが、イメージ操作と言えば一気にうさんくさくなる。ふしぎ!