2009年5月10日日曜日

[PC][Linux]使い所が微妙すぎる…

最近、LinuxのWikiを更新してないなーってことで、なんか書くネタがないかと思って、
「そういやMoonlight(SilverlightのMono版)は紹介してないな」
と浮かんだのですが…、まだ書いていません。
というのも、微妙すぎるんですね…。とにもかくにも、Silverlightの普及率というか、採用率が低すぎる。Silverlightを使ってますってサイト、音泉くらいしか思い付かない…Orz
一時はGyaoとかYahoo! Japanが採用を表明したんですが…、Linuxは非対応だったりします。WinとMacのみです。これじゃ紹介したところで活用する先がない…Orz
こうしてSilverlightを採用しているサービスを探してみて思ったんですが、思いの外Macに対応してないサイトって多いんですね。マカーはLinuxerと比べたらかなり多いでしょうに…。Gyaoが対応してないのは知ってましたが、Yahoo!動画も非対応だったんですね。対応してるとばかり思ってました。世の中Windowsがやっぱ標準なのね…。
個人的には、Silverlightに頑張ってもらいたいんですよ。Flashと違って64bit版もちゃんとありますし(Flashの64bit版はLinux版のβのみ)、.NETの技術を使用しているので開発は楽だと思うわけです。IDEは今やフリーですしね。
まーでも世の中Flashが主流なんですよねぇ…。YouTubeとかニコニコ動画が主流なんだからしゃーないけどさ。
んー、GyaoはSilverlightを活用していくって発表しておきながら全然活用してないしなぁ。そんなに切り替えはめんどいのかしら。とはいえ今の感じだと、対応してもMacまでで、Linuxはやっぱり弾かれるんだろうけどさ…;;