2005年4月10日日曜日

無料っていうのはありがたい

フィッシング詐欺に防御ソフト 銀行やカード会社が提供
最近は日本語でも出回り始めたフィッシングメールですが、ここに来て強力だと思われる防御策の登場です。
サイトに訪れた時点で個人情報を抜かれるタイプのページだとどうしようもありませんが、見せかけをそっくりにしておき、そこに個人情報を入力させて送信させるタイプのページならば、銀行やカード会社が提供を始めるツールは意味があると思われます。
なんせ、そのソフトを使えば本物のサイトか偽者のサイトかが瞬時に判別できてしまうんですから。
しかも、嬉しいのはそれが「無料配布」されるということ。こちらはその銀行やカードの利用者であって、「騙されないように自衛するのですから、ツールは買って下さい」なんて言われるのは結構抵抗ありますしねぇ。無料配布には多いに賛成です。
普段そのサイトに行かないのであれば、パッと見ればそのサイトが本物か偽者かなんて分からないですしね。もちろん、自分で情報を集めて自衛することも大事ですが、サポートしてもらえるのならそれに越したことはありません。
個人情報保護法案も施行されたことですし、企業側の考え方も変わって来ていると信じて、私たちは自衛意識をしっかり持つとしましょうか。