2005年4月5日火曜日

SP2って意外とはまる?

SP2というものは…
う〜む、こんなところにも嵌まっている人発見(笑) そう言えばちょっと前にxiaoxiaさんも嵌まってたような…(いやあれはxiaoxiaさんの旦那様か) →該当記事はコチラ
SP2を当てると不具合が、というのが少なくないと言うのに、もうじき自動アップデートを有効にしておくと強制的にインストールされるんですね(苦笑)
そう言えば、私はSP2がリリースされてから程無くしてSP2当てたんですが、特に問題は起きてなかったような…(しかも無線LANだったような…^^;) きっと、当たるも八卦、当たらぬも八卦なんでしょうね(違
とは云え、トラブルが起きてしまうのはやはりよろしくありません。でも、脆弱性などをしっかりと潰すためには当てておかないと行けない、これは中々ジレンマですよね…。
@itだったと思うんですが、会社のネットワーク管理者などはパッチを良く調べて、場合によってはパッチのアーカイブを展開してその中味まで調べてそのパッチを当てるとどういう影響が出るかをチェックすると書いてありました。Windowsだとバイナリが配布されるんでしょうし、ソース解析と言うわけには行かないと思うのですが、どうやってるんでしょう? それはともかくとしても、大変な作業だなと思っていました。
だのに、SP2は当てるべきだけど結構な確率で不具合が起きる、と言うのでは当てたくないですよねぇ…。でも当てないと行けない、当てると不具合が…では思考の∞ループに陥りそう(苦笑) みなさん、システムの設定変更にはくれぐれもご注意を(苦笑)