2009年8月11日火曜日

[日常]マニフェストを読んでみた

そういやまだ読んでなかったなってことで、自民党と民主党のマニフェストを読んでみました。
大雑把な乾燥としては、自民党がちょっとだけ幅広く提示しているかな、といった感じ。
国民へ訴えかける内容としては、自民党も民主党もそう大きく変わってません。景気対策、雇用対策、天下り禁止など。民主党では特に言及されておらず、自民党が言及している内容としては、環境対策、安全保障対策といったところでしょうか。
民主党のマニフェストを見ると、確約事項としての「国民に対するメリット」として、数字で訴えています。○兆円削減だの、補助だの。
ただ、それらの財源については「余剰金を削減して捻出」、「財源を確保しつつ実現」などとあり、中々苦しい内容となっています。
それに対し、自民党の方は、ぱっと見 あまり数字で訴えるというようなことはしていないようです。ただ、マニフェストと言うか、政策に関する情報は複数の文書で出しているため、要約版を読んでの感想です。細かい方を見ていけばちゃんと載ってるかもしれません。
うーん、2つを見たところで、あまり参考にはならなかったかも知れないなぁ。これはそれぞれの政党が「こんなことをお約束します!」と謳っている”だけ”の文書なので、他の側面も見ないとこれだけじゃ判断できませんね。
ってなると、やっぱり普段から新聞とかニューすとかを見ておかなきゃ行けないってことですね・・・。ちょっと最近はそれが欠けてるからしっかりしなきゃな。
ぼちぼち選挙活動が活発になってくるだろうから、ちゃんとニュースをチェックしておこう。