2004年3月23日火曜日

「無料」はお得?それとも…

ネット上でよく見掛ける「無料サービス」という文字。無料で○○のサービスが受けられます、とか、無料でWeb上に○○MBのホームページ領域をお貸しします、とかいったものだ。
だが、無料サービスには必らずと言っていい程含まれて来るのが「広告」と「利用制限」である。広告に関しては、気にならない人も多いのではないだろうか?最近ではポップアップブロッカーなども多く出てきたりしているので広告そのものを見掛けないことも少なくない。
だが、「利用制限」は無料で使うなら避けられないものの1つである。例えば、ホームページ領域が有料ユーザに比べて少ない、とか「○ヶ月間無料!!!」といったものである。ただ、これが最初から告知されていれば、あまり気にはならないのであるが、突然「有料化」を宣言されたとしたらどうだろう?ユーザとしてはやはり混乱するだろう。そして有料化されてまで使うかと言えば…? そのサービスの質などにもよりますが、他の無料サービスを探す人も少なくないのではないでしょうか?

夢の終わりか始まりか、イメージステーション有料化

こちらはソニーのサービスです。ソニー製品を買って使っていた人は利用している人も多いかも知れません。無料サービスのどれにでも当てはまることですが、ひょっとすると突然「有料化」を宣言されるかも知れない。「無料」というのは、お得なのか、それとも…?