2004年3月27日土曜日

消費税込みの総額表示

なんで今頃あえてこっちに切り替えるの?という疑問が噴出しまくっているこの制度変更。反対者続出にも関わらず、あっさり国会を通過するのはなぜなんでしょう?
これに限らず、世論からすれば反対多数の法案などがあっさりと国会を通過していきます。
これって、実はすごく危険なことなのではないのかな?と思う。
だって、世論がどれだけ反発しようと法案は議員という少数派で決めてしまえるんだもの。 国会議員は選挙という直接投票で決められているはずなのに、国民の意見が反映されなければいけないはずなのに。
近年ずっと叫ばれてきているのが、若者の政治離れ。かく言う私も選挙権を取得したばかりの若造ですが、今のこの事態、すっごく危険な気がしてなりません。
これ、確実に若者である私たちにも責任はあるんですよね。そりゃ、政治っていうのは難しそうだし、実際簡単なんていえるものじゃないと思う。でも、だからといって政治に無関心でもいいはずはないですよね?
今日でNステ最終回、政治について割と分かりやすく報じてくれていただけにちょっと残念。他にもコメンテーターにお笑いの人を起用してより分かりやすくお茶の間に届けてくれたりする番組もちらほらあるので、そういうところから政治に関心を持つといいんですけどねぇ。
政治家の汚職や問題発言なんかも今や「あぁ、またか」なんて風潮さえ流れてしまっています。
韓国ほど熱くなってほしい、とまでは思いませんが、もっと興味が持てる国にしていきたいですよね。