2004年3月30日火曜日

回転ドアの危険性

六本木ヒルズの回転ドア
六本木ヒルズの回転ドアの事故はみなさん御存じの通りです。しかし、Yahoo!Newsによると全国で回転ドアによる骨折などの事故は全国で52件起きているそうですね。

<回転ドア事故>全国で52件36人けが 毎日新聞調査

これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれだとは思うのですが、上の投稿にも書いた通り安全基準や管理団体が無い、これが問題なのだと思います。
メーカーなどに報告が上がっていないのが現状だと言うのですから。
また、ニュース番組などでセンサーの死角に付いて検証している番組もありましたね。私が見た番組では、男性レポーターが回転ドアの中で座り込んだとき、回転ドアのセンサーに引っかからず、「ドン!!」という衝撃とともに少しひきずられてました。
その男性レポーター曰く「かなりの衝撃です。私の場合身構えていますからある程度平気ですが、身構えていなければムチウチになるくらいの衝撃はあります。人が入るところで立ち止まってもセンサーが反応しないときもあり、かなり怖いですね…。」
回転ドアを用いることで空調整備等の経費を削減できる、それは大いにいいこと。
だけど、ヒトが怪我をする、死んでしまうって事は気にならないの?利益の方が大事なの?安全基準もあいまい、フィードバック先もない、事故後の対策も取れてない、企業のあり方が問われているんではないのか…?
三菱ふそうにしてもそうだが、最初に事故が起きた時点で原因を究明し、対策を取っていれば起きなかった事故もあるだろう。殺人罪で裁かれるべきだと思うのは、私だけ?