2004年6月20日日曜日

近鉄合併の余波

プロ野球の近鉄とオリックスの合併で球界が揺れに揺れています。
渡辺オーナー芯からブチ切れ「古田君はバカ」(夕刊フジ)
私、ハッキリ言って渡辺オーナーは嫌いです。どーも自己チューの臭いがします…。
この記事にも書かれていますが「選手会に左右されることはない。オーナー会議で自由にやるよ」 って、選手が居てのプロ野球だろうが!!! と言ってやりたくなります。でも、選手にとってみても合併問題は死活問題、蚊帳の外で居られるわけはありません。話合いの場を設けるのは当然だと思うのです。
私も合併が益だとは思えません。経営が圧迫されているのは確かかも知れませんが、それ以前に経営の方法に問題はなかったのか、そこに疑問が生じます。
以前Y!Newsの記事に出たことがあったのですが、大阪ドームの駐車場の巨大扇風機が殆ど使われることなくあってそれの値段も億単位の莫大なものであったりとか、見通しが甘すぎる経営をしていたのも事実のようです。
それを喰い改めることなくあっさりと手放したその精神が悲しいです。
合併は出来たら考えなおして欲しかった、他の道を探して欲しかった。
これからの球界が心配です…。