2004年6月24日木曜日

言葉が相手に与える印象

言葉で相手をうやまうやり方
どうも、私は気の置けない人とそこまでではない人とで話し口調が大きく異なってしまうようです。
気の置けない人には「遠慮」というものを失念してしまっているよう。そこまでではない人の場合、ちょうどここで書いているようなテンションなのですが、気の置けない人の場合、いわゆる「地」の自分が出てしまうんですよね。
ハイテンションでテンポは早く、そして毒舌(関西なので(汗))と来れば、ちょっと引いてしまうのかも知れません。
実際、口は悪いですね。いや、口が悪い、と言うよりも、威圧的なんでしょうね。
初心に還るべき、そう思っています。ここで穏やかに話せていて、他で出来ないわけはない。
そう言い聞かせて、精進して行きたいです。
あえてxiaoxiaさんのところにトラバしたのは、敬語(丁寧語)が必ずしも人を遠ざけるとは限らない、むしろタメ口の方が相手を遠ざけてしまうことがある、そんな風に思ったからです。
私自身、「タメ口」で人が遠ざかろうとしているのですから…。
丁寧語で話せば近づいて来てくれるとは思っていません。ただ、「親しき仲にも礼儀あり」は忘れてしまっていては行けないのですね。最近ではこれを失念してしまっていました。
言葉が相手に与える影響はけして小さくありません。言葉使いは、難しいですね。