2005年6月16日木曜日

今日はかなりレベルが上がった

本日は連投。実は今日は大学を早めに出て、友人と連れだってボーリングへ行ったのです♪
今ROUND1でボウリングが安い(平日の17:00までにスタートすると、学生は1200円+シューズレンタル代で最大5ゲーム)ということで、5ゲームフルに楽しんできました♪
え〜、私はボウリングのアベレージが100行かない位のへぼへぼです^^;
しかし、今日の私は違いました。なぜなら、親父に軽くアドヴァイスをもらっておいたのです。
そう、親父は『第1次ボウリングブーム』真っ只中を駆け抜け、マイボウル、マイシューズ、マイグローブを持っている漢なのですから。
とにかく安定して投げられない私が父から受けたアドヴァイスはこれだけ。
「力いっぱい投げるからぶれるんだ。振り子の要領で押し出してやれば腕は疲れない。疲れるのは力で投げている証拠。後はボウルを離す瞬間、握手するような手の形になれば自然と曲がっていく。」
まぁ、言葉で伝えられることは確かにこれくらいでしょうけれど、私はそれをしっかりと頭に入れて今日は挑戦しました。
非力な私はとりあえず最初11ポンドで投げていたのですが、3ゲーム目で疲れてきてしまいました。ちなみに、3ゲーム終えた段階でのアベレージは86(悲)。リリースポイントがばらばらだったんですよね…。父から教わったこともなかなか実践できず。
そこで4ゲーム目からは10ポンドに交換しました。するとどうでしょう。ボウルが軽くなったおかげでリリースポイントが安定してくれました。おかげで父に教わった事も実践していけるようになり、なんと4ゲーム目でスコアは131! 一気に約50UPです♪
この一回だけならまぐれで終わっちゃうんですが、最後の5ゲーム目も133と同程度のスコアが残せたので、どうやらまぐれではなさそうだなという感じです。腕も5ゲーム投げた割にそこまで疲れていなかったので、力まず投げられたようです。
この成長ぶりを帰ってから親父に報告したところ、一笑に付されてしまいました^^;
親父曰く、
「最初から130程度出しておかないといかんわ〜。んで最後に160くらい出したら『成長したな』って言えるだろうがなぁ。」
だそうです(苦笑) まぁ、親父は全盛期スコア200近く出していたらしいですからねぇ(凄)。おまけにその当時はなんと16ポンドを投げていたそうで!!!
ちなみに親父は私よりも10cm程小柄です(私もかなり小柄です)。それでいて16ポンドものボウルを、しかも曲げ安いように指の第一関節くらいまでしか穴を掘っていないもので投げていたのですから、えぇ、勝てませんよ^^;
でもおかげで私も何か掴めた気がするので、そのうち親父と連れだってボウリングに行きたいですねぇ。勝てる気はまったくしませんが(苦笑)