2005年6月1日水曜日

声を上げるのは良いことか悪いことか

「アニメソングをチャート1位に」 ネット運動勃発
事の発端が2ちゃんねるという時点で敬遠する方も多いかとは思います。こういう形での運動がいいか悪いかは難しいところだと思うんです。
今回取り上げられているアニメは「ネギま」といういわゆる「萌え」な女の子がたくさん登場するアニメです。だからかな、敬遠されるのは。同じように、アニメの声優さんが出したCDがオリコンランキングへ登場した事があります。「テニスの王子様」です。あのときは、私が見る限り(Y!Newsなど)批判的な意見は見られませんでした。
内容が「萌え」だからいけなかった、と言うことになるんでしょうね。もちろん、好嫌いは個人個人によって違いますから、そういったマンガやアニメを受け付けない人はいるでしょう。それが嫌いだ、そう公言しても構わないでしょう。
ただ、それを「公共の電波」上で公言してもよいかとなると、ちょっと話が違ってくると思います。ITmediaの記事によると、
ある歌手がラジオで「なくなってほしいですね」とコメント。
とあります。これはファンが行動を起こすのも無理はないでしょう。声優さんは結構歌を出してらっしゃいます。有名なところで言えば、名探偵コナンのコナン役、高山みなみさんはTWO-MIXとして、灰原 哀役の林原めぐみさんも歌を出しています。
これらの歌も、他の歌手同様精一杯作り上げているのです。そういった歌を楽しみにしているファンにとって、『なくなってほしいですね』という暴言を吐く、しかも同じ歌手が。悲しいですね。
自分の好きなアーティストの歌が馬鹿にされた。そう感じたら、私でも「なんだとこら!」と声を上げたくなります。もしラジオでJanne Da Arcが馬鹿にされてたら、私は迷わずBlogに投稿するでしょうね。それが今回はアニソンで2ちゃんねるだったというだけでしょう。
ここしばらくテレビのCD売上げランキングを見ていないのでチャートもよく知らないのですが、アニソンってそんなに存在がないがしろにされてるものなんでしょうか?一番最近に見たランキングは朝のニュース番組のほんのちょっとの時間に流れるものだったんですが、1位でもなければほとんど曲のタイトルとアーティスト名しか表示されてなかったですね。アニソンに限った事ではないのでは、と思いました。これに関しては「ちょっと考え過ぎでは?」と思います。
今回の騒動になっている「ハッピー☆マテリアル」って歌をまったく聞いた事がないのでこの曲についてコメントはしがたいのですが、私はアニソン全体としては割と好きです。まぁ、ときどき「電波」なんて言われる歌もあり、さすがにそれは受け付けませんが(苦笑) 結局、歌い手によるのかなって思っちゃいます。曲としては「キューティーハニー」なんてアニソン全開だと思うのですがどうでしょう? でも、映画化とともに倖田來未さんが歌ってましたけど、あれはテレビとかでもたくさん取り上げられてました。そう考えるとアニソンファンが「ないがしろにされてる!」と思うのも、無理ないかもしれないですね。
私は今回のこの騒動で『なくなってほしいですね』と言う言葉が一番ショックでした。ファンがいること、ファンが傷つくということ、それくらい、すぐ分かるだろうに…。