2005年6月28日火曜日

あぁ、無念…

今日もいそいそと大学から帰宅。変わらない日常。そう、台所へ足を踏み入れるまでは…。
「ただいまー………っと、、、、おぉっ!?カレー!?」
はい、カレーです。え?それがどうしたって?晩飯にカレーが出ただけだろって?
えぇ、まったくもってその通りです(キッパリ
ただ、ここまで私のテンションが上がるのには理由があるのです。
えぇ、私カレーが大好物なんです(照
おいおいなんだよ、たったそれだけの事でテンション上がるのかよ、と侮るなかれ。我が家では、夕飯に家で作ったカレーが出てくるというのは(下手すると)10年ぶり(くらい)なのです!!!
我が家では
父、私>>>[超えられない壁]>>>弟、母
という順で辛いものに対する好みがはっきりと別れます。なもので、私がまだ小さかった頃は甘めのカレーでも食べていたのですが、中学くらいになると「辛くないといや!」となりまして。そうすると母親と弟が食べられないので家庭ではカレーを作らなくなってしまったのです。
そうなってからというもの、カレーが食べたくなるとレトルトカレーで凌ぐこと幾星霜(買いものに行くととりあえず安いレトルトカレーを買い込んでいた)、今日何の前触れもなくカレーが用意されていたのです!!! そりゃテンションも上がるってんだ。
しかし、どうも今日はご飯を少なめに炊いたようで、私の分を今炊いているとのこと。目の前でお預けを食らってしまいました^^; とりあえずおかずを先に平らげて、ご飯の炊き上がりを待ちます。
そして、ご飯が炊き上がったのでいざカレーとのご対面!!! あぁ、待ち焦がれた家庭の味。数年振りの再会!!!
(パクリ、んぐんぐ…ん!? これはご飯が熱すぎて感覚が麻痺してるのか…?何も味わいが無い…、とりあえずもう一口………んんっ!?)
「あ、あ、あ、あ………味がなーーーーーーーーい!!!」
そう、思わず叫んでしまった(とまでは言わないが、それくらい驚いた)。
あまりにも味がなかったのだ。いや、刺激がなかった、というのが正しい。まっっっっっったくもって辛くないのだ!!!Orz
カレーって辛くないとだめぢゃん!!! んで、母親にどのカレーのルーを使ったのかを尋ねる。すると
幼児 1 2★ 3 4 5 大辛
というレベル。んなお子ちゃま向けなカレーなぞ今更食えるかいっ!!! せめてレベル4にしてくれぃ!!!
だがしかし! 母親はこのレベルで「辛い」と仰るのです。えぇ、家族で食べる以上、母親や弟が食べられるレベルでないと出てこないのですよ…。
あぁ、久方ぶりのカレーでテンションが上がったというのに、何か、こう、満たされない、不完全燃焼なのですOrz
しばらくはレトルトカレーで楽しもう…(´・ω・`)ショボーン