2005年6月24日金曜日

Winnyってそこまで広まってたのね

Winnyで原発情報流出
原発の情報って、テロ対策から言うとトップレベルで厳重に管理すべき情報なのでは?と、むしろ恐怖感さえ覚えてしまいました。
当然ですが、この原発内ではWinnyは使えないようにしていたようですが、自宅でWinny使って外付けHDDに保存してあったファイルをばら撒いたようです。データ管理がちょっとずさんだったんじゃない?ということももちろんありますが、それよりも驚いたことがあります。
技術者は、映画をダウンロードするためにWinnyを利用していたが、感染には気付いていなかった。ウイルス対策ソフトも導入済みで、Winny経由でファイルが流出する可能性があるとは認識していなかったという。
Winnyに感染してファイルをばら撒いた技術者が、ウイルスによってファイルをばら撒いてしまうという危険性を認識していなかったというのです。そんな危険性、はっきり言って常識だと思ってました。もう、Winnyというツールはそんな常識さえ知らない人たちにまで広まってしまったのか・・・。
映画をダウンロードするために使っていた、だそうで。映画くらいレンタルショップに行かなくったって、今は返信用封筒までつけて自宅へ配送してくれるレンタルサービスがあるじゃないかっての。そんなに高い出費にもならないだろうに。そんな小さな利益のために、仕事をフイにして人生台無し。ばかばかしいとは思わないのだろうか・・・。
映画、音楽、ゲーム・・・。そういったものを不正にダウンロードするためにWinnyが使われてしまっているわけですけれど、そんなに大きなお金がかかる代物でもないでしょう?今は映画だってすぐDVDが出るので、ちょっと待ったらレンタル始まるじゃない・・・。音楽だってダウンロードできるじゃない・・・。ゲームだって中古やオークションで安く手に入るじゃない・・・。
目先の利益だけ見てないで、もっと視界を広く持とうよ・・・。