2008年1月8日火曜日

Kopeteが怪しいな・・・

Xをクラッシュさせる原因の1つに、Kopeteがあるような気がしてまいりました。
KopeteのMSN接続が非常に怪しい。こいつがエラー吐きまくっていることとプロセスが大量死していくのとは無関係じゃない感じ。
KopeteをやめてPidginに乗り換えたところ、比較的安定しているように思えます。
今日はプロセスの連続死で大変でした。家のマシンだけでなく、大学のマシンでもプロセスが死ぬわ死ぬわ。家と大学のマシン構成は全然違うため、Xが死ぬこととハードウェア相性という関連はほぼなくなったのはいいことかもしれません。
が、根本的な解決には至っていないので、いい加減目処をつけたいところ。現状ではとてもじゃないですが常用できるレベルにありません・・・。
ただ、Kopete1つで解決するとは思えません。Kopeteが死んだ後もほっとくとkdesktopが死ぬわkde-window-decoratorが死ぬわなんやらで、最終的にはXが落ちます。エラーログらしきものが吐き出されてこないのがすーごい困るんですよねぇ・・・。おかげで今のところなんの手がかりも掴めていません。ヒントくれヒントOrz
とりあえず、Kopeteを更迭してしばらく様子をみることにします。Kopeteが11日のKDE4正式リリース時に修正されていることを祈る・・・!
あぁ、けどFedoraには来ないかなぁ・・・? KDE3系と4系で分けるのは無謀だしのぅ・・・。パッケージメンテナはどう判断しますやら・・・。
Fedora9まで待ちそうやなぁ。
・・・、ま、私のことだ。きっと無茶してでも入れてるんだろうなw