2005年5月3日火曜日

立体視に挑戦

ふと昨日新聞の日曜版をチェックしていると、最後のページに立体視で見る写真が掲載されていました。
でも、でもでも!私実は立体視できないんです!!! (;_;)
とはいえ、今はネット社会。探してみれば立体視のやり方というか訓練のしかたも見付かるかも、と思い探してみました。
すると結構簡単に見付かりました。そこで紹介されていたのは「平行法」と呼ばれるもので、比較的多くの立体視に対応でき、まずはそれからマスターしましょう、みたいなことが書いてありました。
やり方はいたって簡単。左右の絵をそれぞれの目で並行に見るだけ。そうするとそのうちピントが惚けて3つの像になり、まんなかの像が立体的に見える,というものでした。
遠くを見つめるイメージで、と書いてあったのですが、んなこと言われたってきれいに左右の映像にピントが合ってしまいます(苦笑)
結局できないままあきらめて他のページを探していくと、平行法とは別に「交差法」と呼ばれるものもありました。こちらは平行法とは逆に、左右の絵を反対の目で見つめるものでした。要は寄り目ですね。こっちに挑戦していたんですが、一応指かなにか細い物を使ってアシストしてやるとなんとかまんなかに像を浮かびあがらせる事ができました。
えぇえぇ、それはもう感動しましたよ!w 初めて3つめの像にピントが合う時の焦点をあわせようとする感覚が体験できてすごく嬉しかったです(笑)
いまだに指かなにかのアシストはいるし、平行法はできないし、交差法でやってる間はまぬけ面だしとだめだめですが、できる喜びに溢れてます(笑)
あぁ、今まで見えなかったステレオグラムたち!!! ぜってー立体的に見てやるからなー!!!