2005年5月12日木曜日

オープンであるということ、ユーザのメリット。

MS Officeに代わるOffice Suiteとして最注目株なのがOpenOffice.org(以下OOo)ですが、もうすぐOOo2.0をリリースしようとしています。
MS Officeとの相互性も高まり、Accessライクなデータベースも搭載し、さらに機能アップに拍車が掛かっています。
しかし、ここでどうやら難しいお話が絡んでくるようです。
OpenOffice 2.0に対し、フリーソフトウェア支持者が「Javaを使いすぎ」と批判
Javaの影響:OpenOffice.org 2.0とFOSSコミュニティー
OOoはSun Microsystems社のStarOfficeの下位に当たるような製品で、OOoの製作にもSunが大きく関わっています。そのこと自体は特に問題になることではありません。しかし、OOo2.0をリリースするにあたり、一部から批判が出ているようです。詳しい話はリンク先にて確認していただきたいのですが、OOo1.xに比べてOOo2.0ではJavaによるコードにかなり依存することになるのです。
そうなると何が困るのか。JavaはC++などと違い、プロプライエタリな製品です。無料ではありますが、オープンソースではありません。そのことが一部の人々には気に入らなかったようです。オープンソースなJavaのコンパイラもあるのですが(GCJなど)、これはSunのリリースしているJREとは完全互換ではなく,OOo2.0を完全な状態で動作させるにはJREが必要になります。
実際問題として、ほとんどのディストリビューションがJREはバンドルしていません。OOo1.xではJavaを必要とした部分もいくつかありましたが、ごく限られた範囲でした。OOo2.0ではかなりJavaコードで書かれた部分が増えています。
ただ、利用する側からすると、難しい話ではあるんですよね。FirefoxのプラグインとしてJREをインストールする人も少なからずいるでしょうし、それ以外に様々な理由でJREをインストールしている人はいると思うんですよね。そういう人からすると、OOo2.0でJavaに依存するコードが増えたところで便利にさえなっていれば何も困らないでしょう。
ただ、プロプライエタリな製品に依存していくことはよくないことだ、と批判している人達の懸念していることがイマイチ分からないんですよねぇ…、勉強不足ですOrz ただ、このままだとせっかくのOOoという素晴らしい製品の普及への妨げとなってしまうので、うまく解決してくれることを祈ります。
ユーザとしては、便利なものをできるだけ安く利用したいですからね。