2005年5月13日金曜日

惜しい、惜しかった

私はこのblogのタイトルにある通り、Linuxを使ってます。でもって、使うからにはということでちょっとずついろんな事を調べたり、覚えたりしてきました。
おかげで最近は大分コマンドも使えるようになってきましたし、設定ファイルの編集などもできるようになってきました。
また、私が通う大学が工業大学で、学科が情報工学ということもあり、研究室でLinuxを使う友人も結構います。が、普段彼らはWindowsで生活しています故、設定などで四苦八苦してるみたいです。ありがたいことに、そんなときに召喚されることもちょくちょくあります。見事解決できるときばかりではないですが、友人の役に立てているようで嬉しいですね。
実は、「惜しい!」と思う事実を知りました。というのも、どうやら去年、研究室に私と同様Linuxを普段使う方が居られたようです。その方は私とは比にならない程コンピュータに精通していたようで、ドライバファイルくらいなら自作していたんだとか(すごっ!)
残念ながら他の大学の院へ行ってしまったようですが、是非話が聞きたかった!!! きっと面白い話がいろいろと聞けたろうにな〜(面白いのは私だけかw)。サウンドドライバのソースファイルなら眺めた事はあるんですけれどねぇ、自作なんてとてもじゃないですが無理です^^; まだまだプログラミングも勉強段階ですしね。ちまちまとしたものから作り始めて、そのうち色々と有用なものが作っていけたらいいですね。
ん〜、できたらその先輩と雑談を交わしてみたかったなぁ。惜しい!!!惜しかった!!!