2005年5月7日土曜日

考え事って、、、

このところJR西日本に限らずさまざまなところでオーバーランをはじめとするトラブルが多々発生しています。
今日のY!Newsによると網干発米原行きの普通列車が駅で停車後、ドアの開閉を行わず発車してしまったようです。その駅で降りる予定だった乗客は次の駅で降りたようですが、このトラブルについて車掌は「考え事をしていた」と答えたそうです。
確か数日前、常磐線にて100mを超えるオーバーランがあったときも確か「考え事をしていた」と運転士が話していましたね。
車の運転ですら、考え事をしていて「はっ!!」と気づくとヒヤッとした、という経験を持つ人が多いかと思います。まして電車です。いくら考え事をしていたとはいえ、駅に着く前にはちゃんと停車に集中してほしい、むしろそれは義務なはずです。
・・・このところの鉄道のトラブルは、いったいなにを示すのでしょうか・・・。電車で通勤、通学、買い物へ行く方などは怖くて仕方がないと思います。かく言う私も電車通学です。時間が多少遅れるくらいは問題にならないんです。常に余裕を持って登校していますから。多少遅れても構わないので、しっかりと安全優先で運転してほしい、そう願います。
考えてみれば、今までの状態が異常なんですよね。だって、雨が降ろうと雪が降ろうと、電車は定刻通り着いていたんですから。利用する側も時間に余裕を持って動くべきなんですよね。多少遅れるのは想定の範囲内だ、そう言えるべきなんです。正確であることはすばらしいことですが、安全性を犠牲にしてまで実現すべきことではないはずです。
・・・悔しいのはこれだけの事件が起きてもJRを利用するしかないということです。JRが気に入らないからといって、大体の交通手段は簡単には選べないんですよね・・・。
連日ニュースで取り上げられるJR西日本の不手際。怒りを通り越して呆れてしまうほど。その現状を、お偉いさん方は気づけているだろうか・・・。