2007年7月16日月曜日

デジタル放送ってのは面倒だのぅ・・・

ちょいと今日はインターネット光とデジタル放送について調べてました。まぁインターネット回線はおまけなんですけどね。本命はデジタル放送。確か2011年ですっけね、完全切り替えは。うちにあるTVは全部で4台。どれも古いモノでデジタル放送が始まったらチューナー買わなきゃお蔵入りとなっちゃいます。というかデジタル放送になったらアンテナも向きを変えなきゃいけないし、というか今アンテナ線は平行フィーダ線なんて古いモノを使ってるのでそれも変えなきゃならんしですっごい大変なんですよねぇ。
で、いっそのことアンテナじゃなくてケーブルTVと契約してデジタル放送も見るようにしようか、という話になった次第。ほいでまぁ色々と調べている訳なんです。
地元のケーブルTVと契約したっていいんですが、ぶっちゃけうちは地上波ですらそうたくさんのchを見ているわけでなく、ケーブルTVでたくさんのチャンネルが見られるようになったところであんまりメリットないんですよね^^;
そこで、最近はプロバイダが光TVみたいなのを提供してたりするから、それで地上デジタル放送も見られるようにならないかな?と思って、ついでだから回線も光に変えてしまおうかという話になった訳なんですね。
結論から言うと、できる。ただ、これはデジタル放送に切り替わる際にぶち当たる壁なのでプロバイダに依らない話ですが、チューナー1台につきTV1台しか接続できないんですな、これが。うちにはTVが4台あるわけで、それ全部をデジタルに対応させようと思ったらチューナーが4台必要になります。なんつーかめんどくさい。まーこれはしゃーないんですが^^; これが嫌ならTV買い換えるしかないわけですし。アナログ停波とかほんま勘弁願いたいわ。せめて選択の自由は与えて欲しかったなぁ。デジタル放送のメリットはそりゃ分かるけど、アナログ放送で満足している人も大勢いたに違いない。
まー決まったことをgdgd言うのはよしておきます。今後どうするかということを考える方が実がある。
うちの場合はアンテナの向きを変え、中の配線も全部取っ替える+見たいTVの台数分だけチューナーを用意か、あるいはケーブルTVを引っぱってくる+見たいTVの台数分だけモデムをレンタルという選択肢があります。
前者は初期投資費用が高くつきますがやってしまえば後は余計なコストはかかりません。
後者は初期投資費用は安くつきますし月額基本料はそう高くはないですが使い続ける限り払い続ける必要があります。
こう見るとどっちもトレードオフのように見えますが、実際には前者の法が条件が悪いです。というのも、初期投資がかなり大きくなりそうで、且つチューナーはTVが壊れて新しいTVを買ったときに不要になる可能性が大だからです。今出てるTVは当然デジタル放送に対応してるはずですし(中古でも買わない限り)。またチューナーが高い。これがネック。これないと見られないのにこれが高いとかえげつないわ。せめて補助金くらい出してくれ。
アナログ停めます。チューナー買えない人はTV見られません。古いTV?リサイクル料支払って処分してください。
ぶっちゃけ私はTVなんて見られなくても困りはしないんですけどね(ぁ けど家人はそうはいきません^^; 親父も仕事から帰ってきて野球の一つも見たいだろうし、休日にたかじんのそこまで言って委員会見てから相撲も見たいでしょう。だからデジタル放送になんとか対応して行かざるを得ないわけですが・・・。なんだかなぁ。
まぁもう数年猶予がありますから、家にケーブルを引くか、チューナーを買うかをのんびり検討するとしましょう。私がその頃この家を出ているかも知れませんし。そうすると家でインターネットを使う人がいなくなるので光回線引いてても得ないですから^^;
なっかなか難しいところやのぅ・・・。