2007年7月17日火曜日

過保護な気がする

携帯電話で出欠確認 青森大開発、他大学でも利用拡大
正直、大学での授業の出席はどっちゃでもいいと思うんですよ。学生は授業料を大学側へ支払って授業を受けに来ているわけで、行く行かないは学生の自由だろうと。行かないで成績を収められずにダブっちゃうのはそらもう学生の自己責任だろうと。
けど、実際にはなかなかそうもいかないようですね。学生の単位取得率があまりに低いと担当教員の査定にも影響が出てしまうようで、そのためにも教員としてはしっかりと授業に出て貰って、内容を理解して貰って単位を出したいという思いがあるよう。
そりゃまぁ教員にも査定があってしかるべきだと思うし、授業をやるからには分かりやすい授業をして欲しいなと思うのは確かだけれど、そこまでして出席をかっちり取らないといかんかってーとどうだろうとか思ったり。
実際、出席しても授業をマジメに聞いているかは別問題ですしね(笑) まーケータイなら大概みんな持ってるだろうし、システム開発はさほど面倒ではないでしょうしね。
出席は最低限で、その授業から何を得て何を学ぶか、それをきっかけに何を学んでいくかってのが大事なんだけどなぁ・・・。出席して終わり、ではだめなんですよ、ねぇ? そりゃ確かに一般教養とかあんまり面白くないけどさw