2004年8月20日金曜日

マナー違反はやめましょう

昨日バイトの帰り、駅から出たところで、夜の帳を裂くようなバスのクラクションが鳴り響いていました。なんだろな〜と思ってみてみると、バス停に入ろうとしているバスの目の前になんと乗用車が。しかも、その乗用車は無人。バスがクラクションを鳴らすもむなしくあたりに響くだけ。
駅前のターミナルでは駅から出てくる人を出迎える車が列を成してぐるぐる回っています。でも、バス停のところに陣取って、しかも無人で立ち去るというのはどうかと思いましたね。せめて、運転手は居残って、すぐにでも動けるようにしておくべきでしょう(ただ、そうできればそこに停めていいとは思っておりません)。
車に限ったことではありませんが、マナー違反は見ていて悲しくなりますね。バスのクラクションはあたりに大きく響きます。バスの運転手としてはクラクションに気付いてもらって早くどけて欲しい、そう思っていても、何も知らない人からすると騒音になってしまい、場合によってはバス会社がクレームを受けます。バスの運転手としてはそれ以外やりようがないというのに。
やはり、日頃の心がけですよね。マナーを守って、気持ちよく生活したいものです。