2004年8月22日日曜日

じ、地震!?

と言うわけではないのですが、家が揺れていたのは事実。実は家の前の道路で都市ガスの配管工事をやっておりまして、そのせいで家が振動して居ったのであります。
いくら家の前とは言え、工事で家がなぜ揺れるのかと言いますと、かの阪神大震災にて家の土台にひびが入ってしまってまして、中型から大型のトラックが家の前の道路を走るだけで家が揺れるんですね。
と言うわけで、ガスの配管を生めるために道路を掘り起こすような工事をやりだしたらもう揺れる揺れる(苦笑) それも工事ですから、そんな短時間で終わるものでもないので結構な時間揺れておりました。震度的には2〜3くらいでしょうか(苦笑)
阪神大震災以来揺れと言うものにちょっと恐怖心を抱いておりまして、揺れると若干気分が悪くなるんですよね。もちろん、日常生活に支障はないですが、長時間揺れていたおかげでやな感じでした(笑)
しかし、土台が揺れているということは地震対策はまったくないってことで、やわな家ですよね(苦笑)。でも最寄り駅から歩いて10分と言うあまりに好位置にあるため家族の誰も引っ越したがらないんですよね〜(笑) 長年住んだ家ですし、このまま無事建ち続けて欲しいものです。