2004年5月18日火曜日

年金はほんとにどうなる?

民主党代表を引き受けた矢先、小沢氏の年金未加入が発覚し、責任を取って代表を辞退することとなったらしいですね。
未加入の時期は義務化される以前だったものばかりと言うことではありますが、責任を取ってやめると言うことらしいです。
年金未納についてはもう呆れるばかりですが、どうもここで注目されるのは「いさぎよさ」のような気がしてなりません。
福田元官房長官は未納が発覚してすぐに官房長官の職を辞していきました。それとは対照的に、管代表はお詫び行脚で、さまざまな方面からバッシングを受け、代表を辞任せざるを得なくなりました。公明党の神崎代表も未納時期があったとして責任論が浮上。各党未納者が続出する中、とうとう内閣総理大臣、小泉総理にも未加入時期があったことが判明。そして今日の小沢代表。
もはや、呆れるしかありませんね。でも、正直言って未納議員のことはもうどうでもいいんですよ。問題なのはそれが故意であれミスであれ、年金の構造そのものが複雑であるということなんですよ。そこに大きな原因があると誰もが認めているのに、どうして法案が通過するんです?誰もが口を揃えて「年金の構造は複雑すぎる。なんらかの対処を取る必要がある。」と言うくせに、法案には何も盛りこまれていない。この法案は、何が何でも差し止めるべきだと思いませんか?
確かに、年金のシステムって分かりにくい。「これだけ複雑なのは、内部で情報を操作しやすいようにするためじゃないのか?」と勘ぐりたくなるほど。それなのに、私達国民には義務だのなんだのと理由をつけて払うことを要求して来る。今の仕組みだと、確か私達の払った年金が今年金をもらっている老人の方達に渡っているはず。もはや原稿の年金構造では破綻は見えている。誰が、そんなつぶれそうな保険を掛けるだろうか?
ほんとうに、ほんとうにどうにもならないのか…?