2005年7月29日金曜日

それは「防げなかった」では済まされないのでは・・・?

公判中に証人の主婦殴る…乳幼児殺傷事件の氏家被告
イトーヨーカドーで乳幼児を包丁(だったっけか)で刺殺した事件の犯人が、事もあろうに公判中に証人の主婦を殴るという事件が起きたようです。裁判のシーンをドラマとかで見たりしますけど、傍には警官がいるものではないのですか・・・? 記事によると
事件当時、氏家被告の両脇には、刑務官3人がいたが、氏家被告は手錠や腰縄をはずされており、暴行を止められなかった。
となっていますが、止められなかったというだけで済まされる問題ではないですよね・・・。
この証人の女性は事件当時も暴行を受けた女性なのだそうで、この裁判に証人として出廷して被告人の前に出るのは相当恐怖だったと思うんですよ。せっかく勇気を奮って出廷してきたのに証言すると被告人が襲い掛かってくる。
これじゃ、今後証人として出廷するのが怖くて仕方ないじゃないですか・・・。特に強姦などの被害にあった人は証人として出廷することを強く拒むそうです。それなのに今回のようなことが起きてしまっては、証人として出廷なんかしたくないですよ。自分の身の安全が保障されないのに被告人の前で証言しないといけないんですから。
もちろん、悪いのは殴りつけた被告人なのですが、殴りかかるのを止められなかった刑務官もやはり問題があったのではないかと思います。ひょっとするとシステム自体に問題があるのかもしれません。そのあたりは私は分からないのでどうこう言えませんが・・・。
裁判員制度も始まろうとしているのですし、安全面においても万全を期してもらいたいです。