2004年4月17日土曜日

人質は無事解放!しかし…

無事解放のニュース、とっても安堵しましたよね。
それと同時に、どこか、しっくりこない、そんな感覚もありました。
彼らは、自分の意志でイラクへ入りました。
情勢が悪化していたことは知っていたはずです。
でも、
「まさか、自分がそんな目に遭うはずは無い」
そんな根拠の無い自信の下、イラクへ入ったのでしょう。
そうして、不幸にも人質に取られてしまった。
今回はたまたま無事解放されたけれども、殺されていたかも知れない。
だからこそ、家族の方々、日本の国民が心配したのだ。
また、現実問題としてどれだけの人に迷惑を掛けたのか分からない。
家族の方達はもちろん、政府の各人も寝ずに情報確認に終われた。
アメリカの兵隊も捜索に協力してくれていたし、イラクの有力者も人質解放を訴えた。
だからこそ、軽はずみな発言は避けるべきだ。
「俺は撮るのが仕事だっつーの」
でしたっけ?解放直後の映像の中で郡山氏が言っていたのは。
……えぇ、あなたにとってジャーナリストとしての仕事を全うしたい、そう言う気持ちはあるでしょう。そしてそれに関する危険は(ある程度)覚悟はしているつもりでしょう。
しかし、
殺されるかも知れない国民を見殺しにする程この国は冷血ではない
自分では「ほっといてくれ!」と思うかも知れないが、残された家族はたまったものではない。はじめは政府の対応に対して不平不満を述べていた家族の方々も、次第に頭を下げることが増えて来た。
それはおそらく、「自己責任」という言葉が頭をよぎったのだろう。
しかし、家族が責められるべきではないと思う。だけど、頭を下げるのは、家族。
その事実を、3人には感じとって欲しい。
解放されたからこそ言える、意見なのかも知れません。